Facebookは、お友達との信頼関係を構築する『交流促進ツール』

Facebookは交流促進ツール

Facebookを一言で表すなら「交流促進ツール」。お友達同士の交流を促進させるためのソーシャルメディアです。裏返して言えば、交流しないならば、Facebookで繋がる必要が無いということになります。これはFacebookを活用する際に、とても重要な考え方になります。

ではFacebookにおける交流とはどのようなことでしょうか?それはお友達の投稿への「いいね!」や「コメント」、そしてメッセージなどです。つまりお友達としてつながった相手の方の投稿に、「いいね!」「コメント」したり、メッセージで日々交流出来ているかどうかが大切になります。

人は愛を求めている

人というのは愛されることを望みます。その第一歩が関心を寄せられているかどうかです。もし投稿しても、誰からも「いいね!」や「コメント」がなければ、とても悲しい気持ちになります。人に対する一番辛い仕打ちは「無視」することです。図らずも相手の方を無視するようなことは、避けたいものです。

しかし、Facebookでのお友達の数が増えると、全てのお友達に対して、投稿の内容をしっかり見ることができなくなってしまいます。それゆえに、こちらは悪気がなくても、相手の気分を害してしまう、さらには嫌われてしまうことにもなりかねません。ですので、Facebookでお友達になる時は、その方の投稿を見て、ちゃんと交流するということを覚悟した上で、お友達として繋がることが大切です。

お友達の大切な時間を奪わず、自分自身の大切な時間を与える

一方、お友達は、こちらの投稿を日々目にすることになります。つまりそれだけの時間を割く事になります。お友達の貴重な時間を頂くわけですから、何でもかんでも投稿したり、沢山投稿することは避けたいものです。

「お友達の大切な時間を奪わず、自分自身の大切な時間を与える」

これは私がFacebookなどのSNSを利用する際に心がけていることです。お友達にあまりメリットのない、無駄な投稿はせずに「一投入魂」。そして自分の時間を使って、お友達の投稿には「いいね!」や「コメント」をする。もちろん私も限られた時間の中でFacebookなどを利用するので、全員に同じようなことは出来ません。ご縁の強い方を優先して深く交流を行なっています。そのご縁は、リアルな交流や、Facebookでの交流(「いいね!」「コメント」「メッセージ」など)により、考慮しています。

Facebookでより良い人間関係、信頼関係を構築する

Facebookは自分自身の宣伝拡散のための一方的な情報発信ツールではありません。人間関係に基づく交流促進ツールです。このことをしっかり理解することが、Facebook活用の第一歩であり、人間関係、さらには仕事にも繋がる、基本中の基本となります。ぜひこれを理解して、Facebookを通じて、より良い人間関係、信頼関係を構築して頂きたいと思います。

もし「Facebookに少し疲れたな〜」と感じた時は、こちらもご覧下さい。

私が不定期に開催しているFacebook講座について書かせて頂いています。

The following two tabs change content below.

KA-TSU

旅行会社に勤務することで旅好きとなり、旅人になるために独立。ガイドブックでは分からない、体験に基づく旅情報を発信しています。 また、SNS等を活用したwebマーケティングや、ビジネスプロデュースなどの依頼にも、極力お応えするようにしています。 私のSNSもぜひご覧ください。