【九份(きゅうふん)】台北近郊の 超人気 おすすめスポット

台北近郊にはオススメ観光地、
沢山あります!

特に九份(きゅうふん)は、
独特の雰囲気で、
大変人気の観光スポット。

世界中から、
観光客が集まります。

九份とは

以下、
ウィキペディアより引用

金鉱の町

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものであり、酒家(料理店)などの建物が多数残されている。

しかし、第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていた。

観光地化

1989年、それまでタブー視されてきた2・28事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市(A City of Sadness)』(候孝賢監督)のロケ地となったことにより、九份は再び脚光を浴びるようになる。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。

ブームを受け、町おこしとして観光化に取り組んだ結果、現在では街路(基山街など)に「悲情城市」の名前を付けたレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館(ちゃげいかん)、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっている。

また、世界の旅行ガイドブック(台北付近)にも多数紹介されており、今では台湾を代表する観光地のひとつとして定着している。

宮﨑駿のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルになったという噂もあり、日本の観光客への知名度が高まったが、ジブリ・宮崎により公式に否定されている

九份の様子

では、
九份の様子を、
写真でお楽しみ下さい。

九份1

九份2

九份3

坂を上ったら、商店街が横に続く

九份4

九份5

九份6

九份7

九份8

九份9

九份10

カフェが素敵

九份の楽しみの一つが、
カフェ。

とても素敵なカフェが、
いくつかあります。

いくつか回って、
価格と雰囲気で決めたのが、
ここ。

九份カフェ1

名前を忘れたのですが、
九份茶坊の横、
一番端っこのお店です。

幸い、
屋上のテラス席が、
空いていました。

九份カフェ2

海からの、
心地よい風を受けながらの、
素敵なカフェタイムでした。

やっぱり行くなら夜

九份のみどころ、
最大の魅力は、
夜景ではないでしょうか?

せっかく行くなら、
夕方から夜にかけてが、
オススメです。

九份11

九份12

九份へのアクセス

九份観光の問題点は、
アクセスの悪さ。

ちょっと気軽に…

という感じには行きません。

大きくアクセスは、
以下の3つが考えられます。

1.観光バス(オプショナルツアー)

一番簡単な方法。
乗っているだけで、
ガイドさんとともに、
快適に楽しめます。

金額は、
軽食付き半日ツアーで、
4,000円~5,000円程度。

2.タクシー

お金は一番かかるが、
人数が3人以上なら、
お得感あり。

運賃の交渉などが、
必要になるので、
泊まっているホテルで、
お願いするのが良いでしょう。

ただ、帰りは、
問題ですね。

所要時間 約1時間
NT$1,000程度

3.電車・バス乗り継ぎ

もっとも面倒だが、
安くて、
一番旅の醍醐味が味わえる。

台北車站から、
宜蘭・花蓮方面行き列車に乗る。
(1時間に2本程度)

瑞芳駅下車
(1時間以内に到着)

バス

金瓜石行きに乗り、
舊道バス停
九份バス停
いずれかで下車

舊道バス停からだと、
写真の商店街に通じ、
九份バス停だと、
階段からのスタートです。

金額は、
片道 NT$15

タクシー

瑞芳駅から
九份までは一律で、
NT$180

最後に

とっても魅力的な『九份』

でもですね…

実は、
お天気が問題なんです。

雨の日が多いんです。

台北で晴れていても、
九份は雨…
なんてこともザラです。

こればかりは、
日頃の行いですね。

どうぞ、
楽しい九份観光を、
お楽しみ下さい。

以上

自由人、旅人
ビジネスプロデューサー

Katsuでした。

台湾に行くなら、
どこの旅行会社、航空会社が、
一番安いのか?
ぜひ比較してみてください。

結構違います!


ホテル予約するなら、
現地精算って、結構安心です。


スマホにアプリ入れておけば、
言葉の壁を超えられます。


海外旅行の際に、
一枚持っていると安心です。


海外でスマホ持って、
インターネットするなら、
持っていないと大変!
メッチャ便利です。


The following two tabs change content below.

KA-TSU

旅行会社に勤務することで旅好きとなり、旅人になるために独立。ガイドブックでは分からない、体験に基づく旅情報を発信しています。 また、SNS等を活用したwebマーケティングや、ビジネスプロデュースなどの依頼にも、極力お応えするようにしています。 私のSNSもぜひご覧ください。